グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム > 企業情報 > 沿革

沿革


1984年 浜松東亜電機株式会社として、安藤電気株式会社製プログラマ製品の開発、製造を開始。
1994年 浜松東亜電機株式会社から、製品開発、製造業務を分離し、東亜システムエンジニアリング株式会社を設立。東亜システムエンジニアリング株式会社が安藤電気株式会社製プログラマ製品の開発、製造を継続。
1996年 東亜システムエンジニアリング株式会社が、自社製品として安藤電気株式会社製プログラマ用アダプタ「TEシリーズ」を開発、製品化。
1997年 高機能ギャングプログラマ「AF9723」を開発、製品化。
1998年 開発部門向け汎用FLASHプログラマ「AF9708」、「AF9709」を開発、製品化。
2000年 東亜システムエンジニアリング株式会社が、自社製品として安藤電気株式会社ブランドのプログラマを搭載した自動プログラミングシステム「TEH1000」を開発、製品化。
2001年 東亜システムエンジニアリング株式会社が、安藤電気株式会社とプログラマ製品のOEM契約を締結し、全てのプログラマ事業の業務を引き継ぎ、製品供給を開始。
2002年3月 東亜システムエンジニアリング株式会社から、プログラマ事業の開発、販売業務を分離し、フラッシュサポートグループ株式会社を設立。
2002年4月 フラッシュサポートグループ株式会社が安藤電気株式会社にプログラマ製品のOEM供給を開始。
2002年6月 FLASHプログラマ「AF9709B」を開発、製品化。
2002年10月 低価格簡易型自動プログラミングシステム「TEH2000」を開発、製品化。
2002年12月 フラッシュサポートグループブランド製品の海外販売を開始。
2003年3月 ISO14001認証取得。
2003年9月 自動プログラミングシステム「TEH1200」シリーズと自動ラベル貼付システム「TEH1500」を開発、製品化。
2003年10月 グループ会社の名古屋東亜電機株式会社内にプログラミングセンターを設置し、プログラミングサービスを開始。
2003年12月 レーザマーキングシステム「TEH1521」を開発、製品化。
2004年4月 ISO9001認証取得。
2004年5月 FLASHプログラマ「AF9710」を開発、製品化。
2004年10月 全製品をフラッシュサポートグループブランドに統一して販売を開始。
2005年6月 オンボードプログラマ「AF9101」を開発、製品化。
2005年11月 グループ間の資本関係整理を目的とした合併と再分社化により、資本金を50百万円に増資。
2005年12月 超高速ギャングユニット「AG9860」を開発、製品化。
2006年2月 64個書き自動プログラミングシステム「TEH1210」シリーズを開発、製品化。
2006年6月 グループ会社の名古屋東亜電機株式会社内に設置したプログラミングセンターを自社に移管し、プログラミングサービスを含めたトータルサポートを開始。
2006年8月 資本金を1億円に増資。
2007年4月 浜松市中区板屋町に本社を移転。事業場はプログラミングサービス拠点として業務を拡大。
2008年1月 東京営業所を開設。
2009年10月 超高速ギャングプログラマ「AG9730」を開発、製品化。
2010年8月 上海市に中国現地法人「上海東福亜機電科技有限公司」を設立。
2012年1月 ギャングプログラマ「AF9724/25」を開発、製品化。
超高速ギャングプログラマ「AG9730」の16スロット版「AG9731」を開発、製品化。
2013年3月 フラッシュサポートグループ株式会社、東亜電機工業株式会社、浜松東亜電機株式会社が合併し「東亜エレクトロニクス株式会社」と社名変更。
フラッシュサポートグループ株式会社は「東亜エレクトロニクス株式会社フラッシュサポートグループカンパニー」と改称。
2013年8月 「上海東福亜機電科技有限公司」の深圳事務所を開設。
2013年10月 タイ現地法人にてセールスエンジニアを配置しプログラマ部門の営業とメンテナンス開始。
2015年3月 「東亜ホールディングズ株式会社」を吸収合併。