グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム > 対応事例 > 品質向上事例 > 検査用アルゴリズムによる品質チェック

検査用アルゴリズムによる品質チェック


メモリデバイスの不良調査例2

業界 車載機器、精密機器、家電・OA機器、携帯・通信機器、半導体装置、FA機器・産業機械、その他
アプリケーション ALL
デバイス シリアルFLASH、マイコン
目的・特徴 カスタム対応、品質管理
コメント このシステムは、書込み時の各種電圧を変更して繰り返し書込みと読出しをすることでエラーを検出するシステム(アルゴリズムソフトウエア)です。対象デバイスに対して、任意の電源電圧で動作させ、その際の書込み、読み出しデータの検証を行います。また、書込み時のエラー、読み出しのデータ不一致等の監視を行い、デバイスの電源電圧に対する動作特性の測定を行います。電源電圧の変更幅や、お客様のご要求にあわせたアルゴリズム開発が可能です。
対応プログラマ AF9101、AF9103、AF9201、AF9711、AF9724、AF9725、AG9730、AG9730B、AG9731